» 鹿児島大学共同獣医学部附属南九州畜産獣医学教育研究センター(SKLVセンター)

鹿児島大学共同獣医学部附属南九州畜産獣医学教育研究センター(SKLVセンター)

センター長挨拶

研究キーワード:内科疾患 呼吸器疾患 感染症 疾病監視 疾病予防

SKLVセンターは、全国の畜産・獣医学部生、畜産関係者をはじめとした多くの方を受け入れ、最先端かつアニマルウェルフェアに配慮した動物飼養施設で実践的な学びの場を提供いたします。

さらに、SKLV内には滞在施設が完備されていますので、滞在中にコミュニケーション力の向上や人脈の拡大にも貢献できると思います。

近い将来、「SKLVセンターでの実習がきっかけで、畜産・獣医学分野に進みました!」と言っていただけるように、SKLVセンター教職員一同で皆様のお越しをお待ちしております。

獣医学部門
Department of Veterinary Medicine

研究キーワード:産業動物衛生学 家畜防疫学 腸管感染症対策

研究キーワード:アフリカ豚熱 豚熱 獣医疫学 感染症 データサイエンス

研究キーワード:脳血管 動物種差と血管機能 マグネシウム 機能性食品 血管内皮細胞 ブラジキニン

畜産学部門
Department of Livestock

現在準備中

  

 

事務

 

 

SKLVセンターでの実習

SKLVセンターの役割

令和5年9月1日にSKLV管理棟2階に鹿児島大学の附属施設として開設しました。SKLVセンターでは、全国の畜産・獣医学部から多くの学生を受け入れ、産業動物の参加型臨床実習教育と先進的技術を組み合わせた人材育成を行います。また、地域産業を支える畜産・獣医関係者の学び直しにも取り組み、畜産振興に寄与することを目的としています。

SKLVセンターでは、牛、鶏、馬、豚を対象とした実践的な臨床実習を提供します。学生一人ひとりが、生体からの採血や各種検査などの実践的な実習が行える環境を整えています。

月曜日から金曜日の5日間を基本とする各種コースを提供可能とする滞在型実習です。タイミングが合えば牛の分娩実習も提供されますので、貴重な体験になります。

SKLVは臨床実習施設であるとともに、動物衛生学の教育の場として鳥インフルエンザや口蹄疫などの家畜悪性伝染病を防ぐモデル施設です。最先端の施設で家畜の衛生管理も実践的に学べます。

 

 

実習をご希望の方(学生・社会人)へ

現在、大学や関係機関と協力して学生向けの実習を受け入れています。

開催期間は予め決められておりますので、興味のある方は関連機関の情報をご確認ください。

SKLVセミナー(無料)について

SKLVセミナーはここ南九州畜産獣医学拠点で不定期に開催される無料セミナーです。

セミナーを開催したいという方は是非お問い合わせよりご相談ください。随時募集中です。

セミナースケジュール

年月日時間帯対象動物種テーマ対象定員
12024.5.2110:00-12:00牛の起立困難予防声かけAI「BUJIDAS(ブジダス)」とは?不問30人
22024.6.1013:30-16:00子牛の免疫機能発達に関わるプロバイオティクスの効果不問90人
32024.6.1213:00-15:30豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)対策の基礎と実践獣医師30人
42024.7.1613:30-15:00豚熱の流行と対策:九州はいまどう立ち向かうべきか不問90人

活動業績(ただいま進行中)

過去の報道資料

現在準備中

 

お問い合わせ

当センターに御用のある方は、以下にご連絡下さい。

また、農場見学を希望される方は下記の注意事項を遵守し、担当窓口より事前に申請をお願いします。

問い合わせ先
窓口担当者      興梠 和良
担当課        鹿児島大学共同獣医学部附属南九州畜産獣医学教育研究センター(SKLVセンター)
電話・ファックス   0986-72-2090
住所         〒899-4101 鹿児島県曽於市財部町南俣1343番地
メール        sklvcenter@vet.kagoshima-u.ac.jp
SKLVセンター基金への寄付
トップへ戻る